【山梨/パーソナルジム】【簡単】ダイエットのプロが教える痩せる3つの方法

query_builder 2022/04/20
ダイエット脚痩せ
ズボンが緩い女性

「なかなか痩せなくて困っている」


多くの人が抱えている悩みです。私も一時期、体重が落ちなかったり、体型が変わらない時期がありました。しかし、ある方法で皮下脂肪がスッキリするようになりました。しかも、2年近く、体型をキープしています。特別な運動や食事制限はしていません。


私が実践している方法をご紹介します。


・1日の食事のカロリーを把握する

・痩せたい身体の部位を摘む

・食べるデメリットを考える


【1日の食事のカロリーを把握する】

アプリなどを使い、大まかな食事カロリーを把握します。

毎回記録するのは正直しんどいので、自分の食事パターンが分かれば大凡の食事カロリーもわかります。

食事の割合は

理想「朝:4 昼:4 夜:2」

最悪「朝:1 昼:4 夜:5」


プチ断食している場合は

「朝:0 昼:5 夜:5」

これは、腸を夜の食後から16時間程度休ませて、身体の機能を回復させることが目的になるので、痩せたい人には不向きです。


【痩せたい身体の部位を摘む】

皮膚(皮下脂肪)を摘んで、痛い場合は循環が悪いので脂肪は落ちません。通常であれば、皮膚を摘んで左右に1cm程度、痛みはなく動きます。しかし、幼少期に肥満体型だったりすると、脂肪が硬くなります。まずは摘んでほぐしてから運動などの刺激を入れると脂肪は落ちやすくなります。


【食べるデメリットを考える】

3つの白い合法麻薬と言われています、「砂糖」「小麦」「脂質」

これらは、中毒性があり摂取するとやめられなくなります。

何よりも美味しい食事にはこれらが必ず含まれています。

しかし、過剰摂取は身体をサビつかせて老化を早めます。

小麦にはグルテンが含まれており、人によっては食べると倦怠感や消化機能を低下させることがあります。

ちなみに、私はパンやお米を食べると身体が重くなり、不快と感じます。満腹感とは別の感覚です。なので、食べる量を気を付けています。

----------------------------------------------------------------------

山梨宅トレ

住所:出張のため住所は記載していません。

電話番号:070-8549-2902

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG