【山梨/パーソナルジム】若返りのプロが教えるお肌にとても良い食品

query_builder 2022/04/24
ダイエット
タンパク質が多く含んでいる食品が並んでいる

これは、本当の話です


【肌のハリや艶が欲しければ化粧水よりもタンパク質をとる】


『肌を作るもとはタンパク質にあり』


「タンパク質が作るもの」

・筋肉

・肌

・髪

・爪


 これらは美容には欠かせないものばかりです。 多くの女性は、肌のハリや艶が足りないと感じたら化粧水や美容液を使います。しかし、まずは食事を見直しましょう。


必要な栄養素をしっかりと摂れているのか。


『美肌に効果的な栄養素』

・ビタミンC

・ビタミンB群


「ビタミンCの効果」

・メラニンの生成抑制

・コラーゲンの産生促進

・しみ・しわの改善

・紫外線が関与する光老化の予防及び改善  


肌のコラーゲンを合成し肌のダメージを与える活性酸素を抑えるので肌荒れを防ぎます。


「一押しのビタミンCを多く含む食材」

・パプリカ


ビタミンCは熱に弱く、加熱調理をすると分解されてしまいますが、パプリカやブロッコリーであれば加熱した後でもビタミンCが比較的豊富に残されます。


「ビタミンB群の効果」

・体内で補酵素として働く

・摂取した脂質を効率よくエネルギーに変える


 お肌に関しては肌の新陳代謝を促進し、お肌を健康に保てるほか脂質をエネルギーに変換することで脂っぽい皮膚を抑える効果もあります 。


「ビタミンB群を多く含む食材」

・鶏肉

・アーモンド

・モロヘイヤ

・アボカド


水溶性のため一度に必要量以上を摂取しても尿中に排泄される特徴があります。まとめてではなくて、タイミングをずらして、こまめにとるように心掛けましょう。


ビタミンの摂取は非常に大切ですが、あくまでも補助的(タンパク質の働きを助けるなど)な役割です。肝心の肌を作る材料はタンパク質のみです


『タンパク質不足』

・肌荒れ

・髪が細くなる

・爪が割れやすい


 ダイエットをしている方は、タンパク質が不足がちになります。さらに定期的に運動をしている人は普通の人よりもさらにタンパク質が必要になります。 綺麗になるためにダイエットをしているのに、肌がボロボロになっては本末転倒です。 内面から美しくなるためには、「何を食べないのか」と考えるダイエットではなく、「何を食べるか」を考えたダイエットが大切です。


しっかり食べて、綺麗になりましょう。

----------------------------------------------------------------------

山梨宅トレ

住所:出張のため住所は記載していません。

電話番号:070-8549-2902

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG