【山梨/パーソナルジム】腰痛の改善はお尻のストレッチがおすすめです

query_builder 2022/05/14
リハビリ
腰を押さえている女性

これは、本当の話です


腰痛の8割が腰に異常がない


腰痛のほぼ100%の確率で

お尻が硬い


ストレッチをすると

ほぼ全員腰痛が軽快する


人生で一度は腰が痛くなったことが

あると思います


病院や接骨院、自宅療養で対処したと思います


【腰痛の種類】

・急性腰椎症(ぎっくり腰)

・腰椎椎間板ヘルニア

・腰部脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・非特異的腰痛


『急性腰痛』

いわゆるぎっくり腰です

関節性、筋性と要因は様々ですが

自分が想像している以上に

瞬間的に腰に負担がかかることで

発症します


数日の安静で軽快しますが

癖になります


『腰椎椎間板ヘルニア』

腰椎と腰椎の間には椎間板と

言われるクッション材があります。

ほとんが水分でゼリー状になっています。


機械的な圧迫や負担が

持続的に腰椎にかかることで

椎間板が飛び出して

神経根や脊髄を圧迫します


痛みや痺れなどの神経症状

筋力低下が起きます


『腰部脊柱管狭窄症』

脊柱管と呼ばれる管の隙間が

加齢などの影響で狭くなります


脊髄を圧迫して、痛みや神経症状

筋力低下が出現します


間欠性跛行が特徴的です

間欠性跛行とは歩くと腰や脚に痛みや

神経症状が出現して

休むと軽快する現象です


『腰椎すべり症』

腰椎と腰椎の連続性が絶たれて

前後に腰椎がズレる現象です


痛みや場合によっては神経症状を伴います


『非特異的腰痛症』

レントゲンやMRなどで異常が見当たらず

上記診断の付かない腰痛です


痛みの程度は人によって異なり

出現頻度も異なります


このような腰痛の原因は

外傷ではないことは確実です


外傷とは、外力によって負った怪我のことです。

交通事故や接触プレーなどがあたります


では原因は何か


慢性的・持続的に腰部に負担がかかり

筋疲労の蓄積による構造的変化と捉えています


脊柱を支えているのは靭帯と筋肉です

筋肉に持続的に負担がかかると

支える力は弱くなります


次第に靭帯に頼ったり

骨や椎間板に直接的に負担がかかります


これらを防ぐためには

普段から筋肉の疲労を蓄積させないことと

疲れない動きをすることが大切です


キーポイントは、『お尻』です


腰痛のほぼ100%に近い確率で

お尻の筋肉が硬く

筋力が弱いです


まずはお尻の筋肉を柔らかくするための

ストレッチを行うことで

現在腰痛で悩んでいる方も

すぐに効果が出ます


やり方は簡単


・椅子に座り、右脚を組む

・カラダを前に倒して右お尻がストレッチされます


これならデスクワーク中に簡単に

腰痛改善・予防ができます


もっとカラダのことが知りたい方は

ぜひ、アプリを登録して下さい

----------------------------------------------------------------------

山梨宅トレ

住所:出張のため住所は記載していません。

電話番号:070-8549-2902

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG