カラダのプロが教える若さを保つ食材と老いさせる食材【山梨/パーソナルジム】

query_builder 2022/05/31
ダイエットコンディショニングケア
ナッツ類

ダイエットをしていると

何を食べて良いのか迷うことがあります


また偏った食生活に

なってしまうことも多いです


健康のために

ダイエットをしているのに


食べ物をしっかり食べないでいると

逆に不健康になってしまいます


健康のためトレーニングをしている方や

健康のためにダイエットをしている方は


必見です


健康でいるためには

カラダは若くなければ

動かなくなります


健康でいるため若さを保つためには

免疫力を高めることが必要です


昨今は、コロナ禍である中で


如何に免疫力を高めて

自己防衛をするかがポイントになります。


免疫力を高めて

若さを保つ食材と

逆に老いさせてしまう食材をまとめました


【免疫力を高める食材】

・穀類

・野菜類

・豆類

・果物


【若さを保つ食材】

・赤や黄色、緑、紫などの色のついている

果物や野菜類


・ニンニクやネギ、柑橘類など

匂いや香りが強い食材


・きのこ


植物性の食材は

免疫力を高める他に

強力や抗酸化作用を持っています


『ポリフェノール』

色のついた果物、野菜

葡萄、トマト、ブルーベリー


『カルチノイド』

海藻や根菜類に含まれている緑黄色


『イオウ化合物』

 ネギの香り、大根やからし菜などの辛味


『テルベン類』

ハーブ類、柑橘類の香り、苦味


『Βグルカン』

 きのこ類


【抗酸化作用が強い食材】

発酵食品

・納豆

骨粗鬆症を予防するイソフラボン

中性脂肪を減らすレシチン

カルシウムの吸収を促すビタミンKなどが

含まれます


・漬物

・味噌

・ヨーグルト


【カラダを老いさせる食材】

・白米

・精製された小麦

・トランス脂肪酸(マーガリン)

・飽和脂肪酸(豚脂、牛脂)


急激に血糖値を上げて

カラダ組織を「糖化」してしまいます


動脈硬化や心臓病のもとになる

トランス脂肪酸を含む

マーガリンやファストフードの

ポテトなどの揚げ物


トランス脂肪酸は

人工的に作った脂なので

自然界には存在せず

いったん血管壁に取り込まれると

それ以降正常な代謝ができなくなります


【血糖値を上げない食べ方】

野菜、豆類を先に食べて

肉や魚などのタンパク質を次にとる

ご飯やパンなどの主食はできるだけ後に食べる


【食べる時間】

体内時計はBMAL1(ビーマルワン)という

タンパク質が調整している


脂肪の吸収も調整しているので

BMAL1の分泌量が多い

夜9時ごろから深夜2時ごろまでは

脂肪分の多くを摂ってはいけません


分泌量が最も少なくなるのは

午後3時ごろで

ピーク時の1割くらいにしかなりません


BMAL1の分泌量が少ない時に食べてもOK

BMAL1の分泌量が多い時に食べるのはNG


「夜9時以降に食べると太る」

「3時におやつを食べる」というのは

意味があります


パーソナルジムでは

食事を全て管理されます


しかし


ただ管理されるだけではなく

なぜその食事を取るのかを

理解するとよりカラダへの変化は

大きくなると思います


山梨県は果物が豊富に取れるところです


そのためたくさん食べてしまうことが

懸念されるので、程々に食べることをおすすめします


果物にも糖質(果糖)が含まれており

たくさん食べると血糖値に影響したり

健康を害してしまいます。


「果物はカラダにいいから」と

言ってたくさん食べることは避けた方がいいです。


トレーニングをしているけど

なかなか効果が出ない

ダイエットをしているけど

なかなか痩せない


そんな方々は


食べ物の内容と時間を見直すと

いいと思います


食べ物に対する知識をつけて、健康なカラダを作りましょう

----------------------------------------------------------------------

山梨宅トレ

住所:出張のため住所は記載していません。

電話番号:070-8549-2902

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG