【健康的に痩せる】植物性タンパク質の選び方【山梨/パーソナルジム】

query_builder 2022/07/29
ダイエット
大豆類

低脂質だから多めに摂っても大丈夫!


しっかりとした筋肉つくるためにも

ダイエット中の動物性タンパク質は

欠かせません


しかし


動物性タンパク質は

カロリーや脂質が気になってしまいます


カロリーや脂質がオーバーしてしまっては

ダイエットは成功しません


あくまでも必要量のタンパク質を摂りつつ

極力脂肪やカロリーを抑えた食事を

心がけることが大切になります


そんな時には

植物性タンパク質を選びましょう


ダイエット中、ぜひ取り入れたい

植物性タンパク質の代表が大豆製品です


・脂質が少ない

・低カロリー

・ロイシンや他の必須アミノ酸もバランスよい

・筋肉の合成を助ける


低カロリーなので多少多めに摂っても

カロリーオーバーになる心配が少なく

ダイエット中のお腹を満たすためにも

最適な食材です


・そば

・パスタ

・栗

・玄米など

穀類にもタンパク質は含まれています


主食として取り入れたいメニューですが

穀類である以上、気になるものが糖質です


摂り過ぎれば血糖値の上昇や

体脂肪の増加につながるため

ダイエット中は控えめに摂取することが前提です


痩せる植物性タンパク質の取り方

【豆腐は絹ごしよりも木綿を選ぶ】

豆や大豆製品は

アミノ酸スコアが高く

良質なタンパク質源となります


ロイシンも多く含まれるので

筋合成に役立ちます


豆腐は絹ごしよりも

タンパク質が多い木綿を

選ぶのがベターです


【低カロリー低脂質の食材が中心】

低カロリーなものが多いので

たくさん食べても脂肪が

付きにくいのが利点です


また大豆タンパク質には

脂肪の分解に関わるホルモンの分泌を

高める働きがあります


調理のポイント

【動物性タンパク質と組み合わせる】

植物性タンパク質1食分(20g)

・豆腐1丁

・納豆2パック

以上が必要になります


食材の種類もそれほど多くないでの

動物性タンパク質と組み合わせて

調理するのがベターです


【穀物を選ぶなら1食分の量に注意する】

栗や玄米などタンパク質が

多く含まれている穀物は

ビタミンやミネラルも補給できる優秀食材です


しかし


糖質量も多くなり

高カロリーなので食べ過ぎは禁物です


食事全体のバランスを見ながら

食べる食材を選ぶのがとても大切です

----------------------------------------------------------------------

山梨宅トレ

住所:出張のため住所は記載していません。

電話番号:070-8549-2902

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG