【おすすめ】動物性タンパク質と植物性タンパク質のバランスは1対1【山梨/パーソナルジム】

query_builder 2022/08/03
ダイエットメディカルフィットネス
卵

脂質は避けつつ、両方摂取することが理想


アミノ酸スコアを知っていますか


タンパク質のクオリティの基準は

アミノ酸スコアで考えられます


動物性タンパク質は

必須アミノ酸スコアのバランスがよく

体内への吸収率も95%以上になります


筋肉の合成を高める

アミノ酸の一つでもあるロイシンも豊富です


一方で


植物性タンパク質には

必須アミノ酸が不足している食品もあり

体内への吸収率も80~85%程度


これを聞くと

「動物性タンパク質が一番じゃん」と

思いかもしれません


しかし


献立を考える際は

どちらも取り入れることが重要です


動物性タンパク質で気になるのは

肉類の脂質です


脂質は消化吸収を緩やかにするので

速やかに栄養を摂取したい時には

不向きです


食材に脂質が少なかったとしても

調理の仕方によっては油が過多になり

取り過ぎるとカロリーオーバーの原因になります


植物性タンパク質では

豆や大豆製品が必須アミノ酸のバランスが良く

低脂質、低カロリーで

脂肪燃焼効果は動物性タンパク質よりも高い

と言われています


ダイエット中にはおすすめです


毎食食べると飽きてしますデメリットがあります


このようなことから

両者をうまく取り入れた組み合わせが良いです


動物性の摂取比率が30%以下になると

アミノ酸のバランスが崩れやすくなるため

目安は・・・

動物性1:植物性1


【朝におすすめ】

睡眠中に失われるアミノ酸を

補給するためにも

朝食ではしっかりとタンパク質を摂取する


時間がない朝は

卵と大豆製品の組み合わせが手軽。

プラスするなら

ヨーグルトやチーズなどの乳製品もおすすめです


【昼におすすめ】

パスタや丼ものなどは

手軽に食べられて便利ですが

糖質も多いメニューです


エネルギーとなる糖質は重要ですが

摂り過ぎるとカロリーが

過剰になってしまうため注意が必要です


肉や魚介類、野菜も摂れるようにしましょう


【夜におすすめ】

ダイエット中であれば

夜は糖質を控える

その代わりにタンパク質は

しっかりと摂れるようにメニューを工夫する


肉や魚介を中心に野菜なども組み合わせた

バランスの良い献立が良いです

----------------------------------------------------------------------

山梨宅トレ

住所:出張のため住所は記載していません。

電話番号:070-8549-2902

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG