【これは本当の話】イライラすると太る?!【山梨/パーソナルジム/メディカルフィットネス】

query_builder 2022/09/21
ダイエット
太っている男性

みなさん、こんにちわ✨


身体作りと健康作りに勤しんでいる方々

継続出来ていますか〜📣


ダイエットをしているけど、なかなか結果が出ないよー

という方はぜひ最後まで読んでください


ダイエットをしているとイライラしませんか?


イライラすると太るって知っていましたか?


その原因は「コルチゾール」というホルモンです


これは「プレドニゾロン」という薬に置き換えができます

・気管支喘息

・関節リウマチ

・乾癬

・重症筋無力症

など数多くの疾患の治療に用いられます


プレドニゾロンの効果は

インスリンと同じく「太る」ということです


コルチゾールはストレスホルモンと呼ばれます


人は恐怖を感じた時に「闘争・逃走反応」を引き起こします

いわゆる「戦うか逃げるか」


コルチゾールは「戦うか逃げるか」の行動を起こすために

エネルギーをすぐに使えるようにしています


つまり


エネルギーの貯蔵庫からエネルギーを取り出した状態にします

ここに身体的な活動が加われば

エネルギーを代謝してくれます


この生体反応は人間本来の反応です


コルチゾールが分泌され続ける状態が

現代社会でも起きています


それは


「長期的な心理ストレスにさらされた時」


現代社会に生きる私たちは

慢性的なストレスを多く抱えています❗️


・仕事のこと

・家族のこと

・パートナーのこと

・SNS


その結果体内で多量のコルチゾールが分泌され続けます


ストレスホルモンは生体反応上、必要ものですが

長期的に分泌されると問題が起こります


ダイエットや過度のトレーニングは

ストレス値が高くなることがあります


ダイエットは長期戦になるので

ストレスも長期的になることが考えられます


ストレスホルモン(コルチゾール)の分泌されて

血中グルコース濃度が高くなり

すぐにエネルギーを使える状態にしているのに

身体活動が行われないと

血中のグルコースの値は高いままになります


この状態ではまずいのでインスリンが多量に分泌されます


つまり


コルチゾールの値が慢性的に高い状態にあると

インスリンの分泌量も増えます


これはいくつもの研究で立証されています


ダイエットをしている人は

極力ストレスを受けないことが成功の秘訣になります


一時的に痩せたとしても必ずリバウンドをします💦


ダイエットは我慢大会ではありません


長期的な体質改善です


ダイエットの結果がなかなか出ない方は

実はやり方が間違っているかもしれません


・カロリー制限していませんか?

・プロテインを飲んでいませんか?

・腸内環境は整っていますか?

・ストレス過多になっていませんか?

・食事の回数を増やしていませんか?


これらに当てはまる方は

痩せにくいかもしれません


痩せない理由は、○○です


なかなか結果が出ない方

無料で相談承ります(1度のみ)


【問い合わせ】からご連絡下さい


正しい知識で健康的に痩せましょう❗️

----------------------------------------------------------------------

山梨宅トレ

住所:出張のため住所は記載していません。

電話番号:070-8549-2902

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG